BYOD対策ソリューション
許可されていない端末をブロック!

業務の効率化とセキュリティを実現 BYODによる業務効率、コストメリットが注目される今、
いかに安全に持ち込み端末を活用させるかがポイントになります。
弊社のBYOD対策ソリューションでは、持ち込み端末の接続管理とデバイスへの書き出しを管理します。
ソリューション紹介(BYOD)MCS


外部デバイスをしっかり制御

外部デバイスの扱いをポリシーとして定め、利用禁止の外部デバイスは利用できないようにします。
利用許可(及び読取り専用)の外部デバイスが接続された場合は、ログが取得されます。

 

ログ管理により、運用をチェック

各利用者が、ルールに則り適正に利用しているかを確認できます。
「誰が、いつ、どんな操作をしたか」などの情報を記録することによって、
私物のスマートフォンを社内PCに接続していないか?などを認識することができます。

 

▲ページの先頭へ