IP-guard

グローバルエンドポイントセキュリティ “ IP-guard ”

 


 全世界で12,700社・327万台の導入実績!
そのうち中国に進出した日系企業2,000社以上が採用した
グローバル企業のエンドポイントセキュリティソリューションです。

  1. 基本機能       2. 外部記憶デバイス管理       3. リモートメンテナンス
  4. ドキュメント操作管理       5. 印刷管理       6. デバイス制御
  7. ネットワーク制御       8. アプリケーション制御       9. Web閲覧管理
 10. メール管理      11. メッセンジャー管理      12. 画面モニタリング
 13. 帯域制御      14. IT資産管理      15. SDMS/ファイル暗号化



 

 

必要な機能だけをチョイスできる

IP-guardは、15の機能をモジュール化しているので、お客様環境で必要なモジュールだけをチョイスして購入できます。
使わない機能は購入しなくて良いですし、必要になったら追加することもできるので、経済的です。

 

 

様々な動作環境に対応

カーネル層で動作しているため、他のアプリケーションとの衝突が少なく、安定して動作します。
エンドポイントセキュリティ製品の抜け穴になりがちなセーフモードに対応しており、
セーフモードでも制御・記録・監査が可能です。

一般のPC以外に、ターミナル、シンクライアント・VM環境においてもスクリーンキャプチャ・操作ログ取得に対応します。

 

 

言語がMIXした環境に強い

IP-guardは、中国・香港・台湾を中心に世界中で導入されています。
日・英・中国語(繁/簡)標準対応 Unicode対応のため、各国のOSでも文字化けがありません。

 

 

CADの暗号化も対応

デフォルトで7種類・約50個のアプリケーションのファイル暗号化に対応します。
その中にはいくつかのCADソフトウェアにも対応しており、例えば海外の生産拠点や関係会社など、
目の届きにくい環境からファイル流出があったとしてもファイルの機密性を確保します。

 

▲ページの先頭へ