製品概要

InterSafe ILPは、「情報の持出し・持込み制御」と「持出し後の安全の担保」ができる、多層的な情報漏洩対策のためのソリューションです。

機能別の5製品を、単体でも組み合わせでも、自社のセキュリティポリシーに合わせて自由に導入できます。

主要機能

単独製品のみの導入も、網羅的な導入も可能です。 

ファイル書き出し時の自動暗号化など、IT資産管理製品では実現できない機能を搭載しています。

単に外部デバイスを利用制限するのではなく、登録されたデバイスのみ情報の書き出しをOKにできます。

分断されたネットワーク上のPCも一元管理できます。(※オプション)

製品画面

Person
Person

製品説明

InterSafe ILPはInterSafe IRM、InterSafe FileProtection Basic、InterSafe DeviceControl、InterSafe WorkFlowとInterSafe SecureDevice Ultimateの総称です。 機能別に五つの製品があります。

InterSafe IRM 

ファイルを保存した時点で自動的に暗号化&アクセス制御を行います。 不正に持出されても解読できないため、情報が漏洩しません。

InterSafe FileProtection Basic 

SBC(Server Based Computingの略)方式の仮想環境下でもファイルの暗号化を実現します。 ドラッグ&ドロップで暗号化、シンプルに運用できます。

InterSafe DeviceControl 

PCから外部デバイスへのアクセス制御とログ取得を実現します。 メディアへのコピーやプリントアウトによる不正持出しを防ぎます。

InterSafe WorkFlow 

データを持出す、持込む場合は、Web上で簡単申請・承認を行います。 厳格な管理と運用負荷の低減を両立します。

InterSafe SecureDevice Ultimate 

現在使用中のUSBメモリをセキュリティUSBメモリに変換します。 小さなコストで大きなセキュリティを実現します。

システム構成

InterSafe管理サーバはHTTP/HTTPS通信で制御、クラウドでの導入も可能です。InterSafeクライアントは全て同一のクライアントプログラムで動作し、ライセンスキーの入力だけでご利用できます。


ILP Server

ILP Serverには以下の機能が含まれます。

  • InterSafe Server
  • InterSafe Manager Server
  • InterSafe WorkFlow Server
  • InterSafe Update Server

クライアント導入PC

InterSafe Clientには以下の機能が含まれます。

  • InterSafe SecureDevice Ultimate
  • SecurePorter Option
  • InterSafe DeviceControl
  • InterSafe WorkFlow
  • InterSafe IRM

使用環境

区分 詳細
ILPサーバー Windows Server 2012 Standard / R2 Standard
2016 Standard Edition
※日本語OSのみ対応
CPU Intel Xeon 2.1GHz(4Core)以上
(Intel Xeon 2.5GHz(6Core)以上推奨)
MEMORY 2GB 以上(4GB 以上推奨)
クライアント導入PC
(InterSafe Client導入PC)
Windows 8.1 Pro / Enterprise
10 Pro / Enterprise
※日本語/英語/中国語(簡体)OS対応
CPU Intel Core i3 2.0GHz 以上
MEMORY 2GB 以上 (4GB 以上推奨)
ブラウザ Internet Explorer 11
Microsoft Edge
クライアント導入PC
(InterSafe FP Client導入PC)
Windows Server 2012 Standard / R2 Standard
2016 Standard Edition
Windows 8.1 Pro / Enterprise
10 Pro / Enterprise
※日本語OSのみ対応
CPU Intel Xeon 2.1GHz(4Core)以上
Intel Core i3 2.0GHz 以上
MEMORY 2GB 以上 (4GB 以上推奨)